誰もが安心して暮らせる福祉のまちづくりをめざして・・・

MENU

いなべ市共同募金委員会

  • HOME »
  • いなべ市共同募金委員会

 赤い羽根共同募金とは

○基本ロゴ(しくみ+共同募金)

 赤い羽根共同募金は、民間の運動として戦後直後の1947年(昭和22年)に、市民が主体の取り組みとして始まりました。
当初は、戦後復興の一助として、戦争の打撃を受けた福祉施設を中心に資金支援する活動としての機能を果たしてきました。その後、「社会福祉事業法(平成12年社会福祉法に改正)」という法律を基に、「民間の社会福祉の推進」に向けて、社会福祉事業の推進のために活用されてきました。

 社会が大きく変化する中で、さまざまな地域福祉の課題解決に取り組む、民間団体を支援する仕組みとして、また、市民のやさしさや思いやりを届ける運動として、赤い羽根共同募金は、市民自らの行動を応援する、「じぶんの町を良くするしくみ」です。

 

共同募金の仕組み

地域で集めた募金は、集めた地域で使われます。

2013_H24_04

 みなさんからご協力いただいた募金は、じぶんの住む町のために使われます。ご協力いただいた募金の70%は、募金をいただいた地域で役立てられ、残り30%はみなさんの住んでいる市町村を超えた広域的な課題を解決するための活動に、都道府県の範囲で使われます。いなべ市での募金のつかいみちを、WEBにて公開しています。

赤い羽根共同募金のつかいみち赤い羽根データベース はねっと

 

助成額を決めてから募金を集める仕組みです。

 共同募金は、地域ごとのつかいみちや集める額を事前に定め、募金を募る仕組みです。これを「計画募金」と呼び、「助成計画」を明確にしたうえで、みなさんのご理解・ご協力をお願いしています。また、この「助成計画」があるからこそ、1世帯あたりの目安額などを定めて募金を集めることができます。もっとも、寄附は寄附するかたの自由ですから、目安額はあくまで目安に過ぎません。これからも共同募金は、みなさんの地域をより良くする募金として、地域の方に喜ばれる共同募金でありたいと考えています。

災害にも共同募金は使われています。

大規模な災害が発生したときの備えとして、各都道府県の共同募金会では、募金額の一部を「災害等準備金」として積み立てています。この積み立ては、大規模災害が起こった際に、災害ボランティア活動支援など、被災地を応援するために使われます。

 

共同募金への参加

戸別募金

各家庭を対象とした募金で、自治会を通じてご協力いただいている募金です。

法人募金

いなべ市内の法人・企業・事業所を対象に、ご協力いただいている募金です。

街頭募金

スーパーなど、人の集まる場所で募金をお願いしています。学生や募金助成団体・ボランティアなどが中心となり、街頭募金活動を実施しています。

職域募金

法人(企業)・市役所・学校などの職場内で、社員や職員の方に募金のご協力をお願いしています。

イベント募金

市内のイベントにて、募金箱の設置やイベント企画による募金のご協力をお願いしています。

個人募金

いなべ市内店頭での募金箱への募金協力や、窓口に個人でご協力いただく募金です。

羽毛プロジェクト

2018.01.17_umo-project

羽毛布団やダウンジャケットなど、使わない羽毛製品は社会福祉協議会にお持ちください。
回収された羽毛製品は募金になり、じぶんの町の福祉に活かします。
※羽毛製品は50%以上のダウンのみ回収が可能です。

 

お問合せ先

社会福祉法人三重県共同募金会 いなべ市共同募金委員会
〒511-0274 三重県いなべ市大安町大井田2704番地
TEL:0594-78-3522/FAX:0594‐78-3514

2014_H26_04

PAGETOP
Copyright © 社会福祉法人いなべ市社会福祉協議会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.